Jリーグ

驚異的な一撃。Jリーグ、日本代表で記録された奇跡の超ロングシュートゴール9選

12日に行われた明治安田生命J1リーグ第14節でガンバ大阪の藤本淳吾が驚異的なロングシュートでネットを揺らした。今回は過去にJリーグや日本代表で記録された驚異的な超ロングシュート弾をご紹介する。

藤本淳吾

チーム:ガンバ大阪
大会:J1第14節
日付:2018年5月12日
対戦相手:横浜F・マリノス

0-0で迎えた後半7分、前に飛び出していたGK飯倉大樹のポジショニングを見逃さず、ハーフウェイライン手前から約60mのロングシュートを決めた。

小笠原満男

チーム:日本代表
大会:親善試合
日付:2006年2月18日
対戦相手:フィンランド

静岡でのキリンチャレンジカップ、日本代表の2点目はジーコ監督も絶賛した小笠原の自陣内からのロングシュートだった。

チョ・ドンゴン

チーム:サガン鳥栖
大会:J1第19節
日付:2017年7月30日
対戦相手:サンフレッチェ広島

相手の攻撃を跳ね返した守備陣からのボールを受けると、ハーフウェイラインを過ぎた地点からすぐさまシュート。ボールはクロスバーを直撃してゴールネットに収まった。

植田龍仁朗

チーム:ファジアーノ岡山
大会:J2第33節
日付:2011年10月30日
対戦相手:横浜FC

世界的にもまれな、自陣からのヘディングによるゴール。相手のゴールキックを勢いよく弾き返すと、ボールは追いすがるGKの横を通過しゴールネットへ。

柿谷曜一朗

チーム:U-17日本代表
大会:U-17ワールドカップ
日付:2007年8月25日
対戦相手:U-17フランス代表

当時17歳だった柿谷はボールを受けて反転すると、迷うことなくシュートを選択。世界中にその才能を知らしめた

イゴル・ブルザノビッチ

チーム:名古屋グランパス
大会:J1第3節
日付:2010年3月21日
対戦相手:ジュビロ磐田

2009年から3シーズン名古屋に在籍したブルザノビッチの最も印象的なゴールの一つ。キックオフからわずか17秒の超ロング&超速ゴールだった。

ドラガン・ストイコビッチ

チーム:名古屋グランパス
大会:J1第29節
日付:2009年10月17日
対戦相手:横浜F・マリノス

GKがピッチ外へ蹴り出したボールを名古屋のストイコビッチ監督が革靴のままノーバウンドでボレー。ボールは一直線にゴールに吸い込まれた。この行為により退席処分を受けたが、現役時代さながらの驚異的なスキルが話題になった。

青山敏弘

チーム:サンフレッチェ広島
大会:J1第11節
日付:2012年5月12日
対戦相手:横浜F・マリノス

相手から奪ったボールを受けて自陣内から放ったシュートは、バウンドすることなくネットに突き刺さるスーパーゴールに。

ネナド・ジョルジェビッチ

チーム:ジェフユナイテッド千葉
大会:J1第33節
日付:2007年11月24日
対戦相手:清水エスパルス

推定約70mのゴールはJ1の最長ゴール記録とされている。ハーフウェイラインのはるか手前から放たれた驚異的なシュートだ。