代表チーム 日本代表

選手層に不安…?日本代表が苦しむ右サイドバック。Jリーグで活躍する選手たち

23日に行われた国際親善試合で日本代表はマリ代表と対戦。右SB(サイドバック)のポジションには本来左SBの宇賀神友弥が起用された。(多くの実力派選手が離脱したこともあるが)層の薄さは本大会に向けて不安が残る。そこで今回は、日本人の実力派右SBをご紹介したい。

酒井宏樹
所属:オリンピック・マルセイユ
年齢:27歳

18日のリヨン戦で右臀部(でんぶ)を痛めて負傷離脱。怪我がなければ、日本代表の押しも押されもせぬレギュラーだ。

酒井高徳
所属:ハンブルガー
年齢:27歳

左右SBとボランチをこなすユーティリティ性が強み。マリ戦の後半から右SBとして途中出場している。

遠藤航
所属:浦和レッズ
年齢:25歳

右股関節筋の損傷でマリ戦を欠場した。CB、ボランチとしてもプレー可能な万能型選手だ。

槙野智章
所属:浦和レッズ
年齢:30歳

マリ戦ではCBとして出場したが、サイドバックとしてもプレー可能。昨季のACLでは広州恒大FWフッキを完封するパフォーマンスを披露した。

植田直通
所属:鹿島アントラーズ
年齢:23歳

EAFF E-1サッカー選手権では右サイドバックとして出場。空中戦で強さを発揮し、オプションとして機能する事を証明している。

長友佑都
所属:ガラタサライ
年齢:31歳

日本代表では左SBに固定されているが、右SBとしてもプレー可能。不慣れな選手を右で起用するのであれば、長友を右で起用することも考慮すべきかもしれない。

小池龍太
所属:柏レイソル
年齢:22歳

最大の武器はタイミングの良い攻撃参加。新加入DF亀川諒史とのポジション争いを制し、出場を続けている。

和田拓也
所属:サンフレッチェ広島
年齢:27歳

今季大宮から広島に移籍すると、ここまでリーグ戦全試合に出場。暫定2位と躍進するチームを支えている。

松原健
所属:横浜F・マリノス
年齢:27歳

リーグ戦全試合に出場し、チームに欠かせない存在となっている。今季から新たな役割”アラバロール”(偽SB)に挑戦中。

松田陸
所属:セレッソ大阪
年齢:26歳

昨季はチーム唯一のリーグ戦全試合出場を達成。精力的な攻撃参加で杉本健勇へのクロスを提供している。

内田篤人
所属:鹿島アントラーズ
年齢:29歳

長く日本代表の右SBを務めた内田篤人。開幕戦で復帰を果たすも、その後は出場なし。早期コンディション回復を願いたい。

室屋成
所属:FC東京
年齢:22歳

世代別の代表で活躍してきた逸材。ついに昨年末A代表デビューを飾った。長谷川健太監督の下で堅実な守備を見せている。

宮原和也
所属:名古屋グランパス
年齢:22歳

対人守備が武器の右SB。昨季名古屋へ期限付き移籍を果たすとチーム最多の41試合に出場。今季も主力として活躍している。


日本代表に招集して欲しい選手は?

Vote to see the results
31% - 313 votes
32% - 24 votes
32% - 42 votes
31% - 93 votes
32% - 889 votes
30% - 214 votes
30% - 91 votes
32% - 53 votes