Jリーグ 浦和レッズ

浦和、今季好調のオーストラリア人FW獲得か?21試合で9G6Aのウィンガー

メルボルン・ビクトリー所属時のアンドルー・ナブト 写真提供:Getty Images

 浦和レッズはオーストラリア1部(Aリーグ)ニューカッスル・ユナイテッド・ジェッツのオーストラリア人FWアンドルー・ナブトの獲得に動いているようだ。2日、オーストラリア紙『シドニーモーニング・ヘラルド』が報じている。

 ナブトは25歳で左のウィングを主戦場とし、中央でもプレーすることができる。大きな体格を活かした、力強いプレーが特徴で、ディフェンスの際もしっかりと走ることの出来る選手だ。マレーシアでプレーしていた際には、加入したシーズン後半からのゴールランキングで9ゴールを挙げトップに輝いている。

 今季はここまで公式戦21試合に出場し、9ゴール、6アシストと好調を維持している。アジアや中東から大きな注目を集めるウィンガーは移籍の噂が後を絶えない。

 浦和はナブトの代理人トニー・ラリス氏とコンタクトを取り、年俸などについて話し合ったようだ。ニューカッスル・ジェッツには、まだオファーは出していないとみられている。

 ラリス氏は「3週間前にアンドルーの年俸などについて有名なアジアのクラブから問い合わせがあった」と語り、「先週、オランダのクラブからも直接的に連絡があったが、まだ契約には至っていない」と続けている。

 ナブトには50万ドル(約5300万円)の違約金が設定されているようだ。果たして、浦和にオーストラリアで輝くウィンガーは加入するのだろうか。