セリエA ミラン

歓喜から一転。イブラ、マティッチ…ゴールセレブレーションでケガしたサッカー選手7選

様々なゴールセレブレーションを行うサッカー選手たち。ディバラのグラディエーターポーズやムバッペの独特な腕の組み方など、選手たちによってパフォーマンスは様々だ。喜びを表す行為だが、不運に襲われてしまった選手たちもいる。今回はゴールセレブレーションでケガをした選手7選をご紹介する。

ズラタン・イブラヒモビッチ

国籍:スウェーデン
所属クラブ:マンチェスター・ユナイテッド

ミラン在籍時の2010年11月20日の一戦でスーパーゴールを叩き込んだイブラヒモビッチは、ゴールパフォーマンスのガッツポーズを行った際に、右肘を負傷している。

マウリデス

国籍:ブラジル
所属クラブ: CFベレネンセス

2013年7月にキャリア初ゴールを決めたマウリデスだったが、その後の宙返りのゴールパフォーマンスを行った際に左ひざを捻挫している。

ファビアン・エスピンドラ

国籍:アルゼンチン
所属クラブ:レアル・ソルトレイク

2008年9月、当時レアル・ソルトレイク所属のファビアン・エスピンドラは、ゴール後のバックドロップパフォーマンスで足首を負傷している。

パウロ・ディオゴ

国籍:スイス
所属クラブ:セルべッテ

新婚のため結婚指輪をつけてプレーしていたパウロ・ディオゴ。チームメイトのゴールを祝いフェンスによじ登った。フェンスから降りる際、指輪が引っかかり指の先を切断してしまった。

ロマノ・ルア=ルア

国籍:コンゴ民主共和国
所属クラブ:ニューカッスル、アル・アラビ、オリンピアコス

ヘディングゴールを決めた後のゴールセレブレーションで、2回の宙返りを披露。しかし、着地の際に足首を捻り負傷交代した。

ネマニャ・マティッチ

国籍:セルビア
所属クラブ:チェルシー、マンチェスター・ユナイテッド

試合終、サポーターと喜びを分かち合うセレブレーションで悲劇は起きた。マティッチは膝からピッチ上を滑ろうとするも、芝に引っかかり転倒。怪我を負ってしまった。

スティーブ・モロー

国籍:北アイルランド
所属クラブ:アーセナル

1993年のリーグカップ決勝で優勝が決まった試合後、主将トニー・アダムスに肩車された。しかし、モローはそこから落下。鎖骨を骨折。これによって数日後に行われたFAカップ決勝には出場できなかった。