リーガ レアル・マドリード

ベイル、マンUから獲得オファーを否定。今夏レアル残留の意向示す

 マドリードのウェールズ代表FWガレス・ベイルがユナイテッド移籍の噂を否定しているようだ。17日、英紙『デイリースター』が伝えている。

 ベイルは自身の去就についてスペイン紙『マルカ』のインタビューを通じて明らかにしている。マドリードとの契約は長期間残っている上にマドリードにいて幸せだとコメントし今季もマドリードでプレーする意向を示している。さらにユナイテッドを含めて他クラブから獲得オファーが一切届いていないことにも言及している。 

 ベイルは昨年10月にクラブとの契約を2022年まで延長したものの、昨季は度重なる怪我によってマドリード加入後、過去最低となる公式戦27試合出場にとどまっており、今夏のユナイテッド移籍が噂が伝えられていた。