Other Editions

【夏の移籍まとめ】今夏最も大金を使っているのは…序盤戦のビッグディール一覧&各クラブの収支分析

前半戦のビッグディール一覧&各クラブ収支分析(7/14更新)

序盤戦のビッグディール一覧&各クラブの収支分析

14位:チェルシー

アントニオ・リュディガー 写真:chelseafc.com

主な獲得選手

アントニオ・リュディガー
 獲得元:ASローマ
 移籍金:3500万ユーロ(約45億円)

主な放出選手

ナタン・アケ
 放出先:ボーンマス
 移籍金:2280万ユーロ(約29億円)

フアン・クアドラード
 放出先:ユベントス
 移籍金:2000万ユーロ(約25億円)

アスミル・ベゴビッチ
 放出先:ボーンマス
 移籍金:1150万ユーロ(約14億円)

移籍金収支

収入:7180万ユーロ(約92億円)
支出:3500万ユーロ(約45億円)
収支:+3680万ユーロ(約47億円)

< あわせて読みたい >
2018年W杯の本命は誰だ。最新オッズ発表…本命、対抗、大穴は
18歳で年俸8億円…超新星GKの凄さがわかる比較6選。大谷、本田、ジャスティン・ビーバーら
現代サッカー界の“影の支配者”? 莫大な利益をあげる代理人会社9選

【次ページ】13位:インテル

< Previous
Page 1 / 14