リーガ レアル・マドリード

ヘイニエル、ヴィニシウス、ロドリゴ、久保…レアルの将来に向けた種まき

ヘイニエル 写真提供: marca.com

2020年1月20日、レアル・マドリードはフラメンゴからMFヘイニエルの獲得を発表した。かつてミランやレアルでも活躍したブラジル代表のレジェンド、カカにプレーが似ていることから、母国のブラジルでは「ニュー・カカ」と呼ばれている選手だ。

レアルはヘイニエルの獲得に3000万ユーロ(約37億円)を支払ったという。ヨーロッパで活躍中のスーパースターの獲得であれば、それほど驚く金額ではない。しかし、彼はまだ18歳という若さで、プロデビュー(2019年7月31日)してから6ヶ月ほどしか経っていない。これには一か八かの賭けだと思っている人もいるだろう。

しかし、レアルが高額で若手選手を獲得するのは初めてではない。この数年は似たようなケースいくつかあって、ロス・ ガラクティコス (レアルの愛称)は、これから才能のある若手に力を入れるコンセプトで動いている印象が強い。

久保建英 写真提供: Gettyimages

未来のレアルの宝物となるだろう若手選手たち

2017年5月。レアルはヘイニエルと同じくフラメンゴに所属していた16歳のFWヴィニシウス・ジュニオールを4500万ユーロ(約58億円)で獲得した(実際の移籍は18歳になってからの2018年7月)。これはブラジル国内で歴代2位の高額記録となった(1位はネイマール)。

また、約1年後の2018年6月には、ブラジルのサントスからヴィニシウスと同じ4500万ユーロ(約58億円)で、現在大活躍中のFWロドリゴ・ゴエスを獲得。

ヘイニエル、ヴィニシウス、ロドリゴ…。レアルはこの2年半で2000年代生まれの経験の浅いブラジル人選手に153億円も使っている。そして獲得してきた若手選手はこの3人の天才だけではない。最近のレアルのマーケットの動きには、はっきりと将来のチームを作るためのコンセプトが見える。

もちろん、現在レアルからマヨルカにレンタル移籍中の久保建英の獲得も忘れてはいけない。2019年7月、レアルに移籍した当初トップチームと練習する機会がたくさんあった久保だが、ジネディーヌ・ジダン監督は彼に対してこんな発言をした。「実に良い選手です。しっかりトレーニングもこなしているし、クオリティも素晴らしい。今後、間違いなくレアルにとって重要な選手となる」

その他にも、レアルの柱になっているMFフェデリコ・バルベルデ(21歳)、レンタル移籍先のレアル・ソシエダで大活躍中のMFマルティン・ウーデゴール(21歳)、スペイン2部レアル・オビエドへのレンタル移籍が発表されたばかりの若手GKアンドリー・ルニン…。

これら全ての選手は未来のレアルの宝物になるだろう。

Previous
ページ 1 / 2

名前Uccheddu Davide(ウッケッドゥ ・ダビデ)
国籍:イタリア
趣味:サッカー、アニメ、ボウリング、囲碁
好きなチーム:ACミラン、北海道コンサドーレ札幌、アビスパ福岡

14年前に来日したイタリア人です。フットボール・トライブ設立メンバーの1人。6歳の時に初めてミランの練習に連れて行ってもらい、マルディーニ、バレージ、コスタクルタに会ってからミランのサポーターに。アビスパ福岡でファビオ・ペッキア監督の通訳も務めた経験があります。よろしくお願いします。

筆者記事一覧