ブンデスリーガ 海外日本人選手

原口元気、ドイツ語で初ゴールを振り返る!

写真提供: Gettyimages

 ハノーファーの日本代表MF原口元気はドイツ語での『ハノーファーTV』のインタビューに応じ、11月25日のダルムシュタット戦で記録したハノーファーでの初ゴールを振り返った。5日、インタビューの内容をハノーファー公式サイトが伝えている。

原口元気

「(初ゴールについて)とても嬉しかったよ。もちろんもっと早くゴールが欲しかったけどね。負けてしまったのは残念だったね。勝つことは僕にとって重要だよ。

 前節のザンクト・パウリ戦は難しかったね。けど私たちは良く戦ったし、しっかりと仕事をしたから勝てたんだ。

 (ケナン・コジャック監督について)彼はとてもやさしいんだ。賢いしサッカーのことを考え、アイディアが豊富なんだ。私たちは良い方向に向かってるね。

 僕にとってこの町は完璧だよ。スタジアムもファンもクラブもすべてがパーフェクトだね。

 (次節について)私たちは勝たなければならない。前節のようにしっかりと闘い、走り、仕事をしなければならない。

 ドイツ語は難しいね。理解はできるけど、話すのは難しいんだ」

 今シーズン原口はリーグ戦14試合に出場し1ゴールを記録している。14位と低迷しているチームを救うことができるだろうか。巻き返しに期待したい。