リーガ レアル・マドリード

レアル復帰のハメス・ロドリゲス。今季活躍する6つの理由

写真提供: Gettyimages

期限付き移籍満了に伴い、バイエルン・ミュンヘンからレアル・マドリードへ復帰を果たしたハメス・ロドリゲス。7月末の時点では、将来が不透明な状況になっていたが、この1ヶ月で彼の取り巻く周りの全てが変化した。チームに良い影響を与えており、彼が今季のキーマンになる可能性を秘めている。そこで今回は、スペイン紙『マルカ』の特集などをもとに、ハメス・ロドリゲスがレアルで活躍するであろう6つの理由をご紹介したい。


写真提供: Gettyimages

1.サポーターに愛されている

2014年からレアル・マドリードでプレーしていたハメス・ロドリゲスは、サポーターからの人気が高かった。それは、バイエルン・ミュンヘンへ期限付き移籍した後も変わりはない。UEFAチャンピオンズリーグでレアル・マドリードを相手にゴールを決めたとき、リスペクトを込めて、ゴールセレブレーションを行わなかったことも大きく影響しているだろう。

そして、2年の時を経て、今年の夏の移籍市場でレアル・マドリードへ復帰を果たした。サポーターは以前と変わらぬ愛情を、彼がトレーニング場に戻ったその日から送っていた。ラ・リーガ第2節バリャドリード戦では、負傷交代した彼を励ますために、その日一番の拍手が送られていた。


写真提供: Gettyimages

2.フロレンティーノ・ペレス会長のサポート

ハメス・ロドリゲスが残留した要因の一つに、フロレンティーノ・ペレス会長が5000万ユーロ以下で売却することを拒否したことがあると言われている。ナポリもアトレティコ・マドリードも獲得を目指していたとされるが、売却金額を下げることはなかった。放出する可能性はあったにせよ、クラブは少なからず彼の価値を評価していたということだ。


写真提供: Gettyimages

3.ジネディーヌ・ジダン監督からの信頼

レアル・マドリードへ復帰した当初、ジネディーヌ・ジダン監督はハメス・ロドリゲスをあまり評価していなかったと報じられている。だが、トレーニングやプレシーズンマッチで自らの価値を証明し、816日の公式戦出場を果たした。


Previous
ページ 1 / 2