リーガ レアル・マドリード

今夏のレアルは本気?6月時点で補強総額の新記録を更新する

12日に獲得が発表されたフェルランド・メンディ 写真提供:GettyImages

 レアル・マドリードは6月の時点で補強総額の新記録を更新したようだ。スペイン紙『アス』が報じている。

 マドリードはすでに今夏の移籍市場でエデル・ミリトン、ルカ・ヨビッチ、ロドリゴ、エデン・アザール、フェルランド・メンディの獲得を発表。6月12日の時点で5選手の補強を成功させている。

 報道によれば、マドリードがこの5選手の獲得に費やした資金は3億300万ユーロ(約370億9000万円)。この数字が、同クラブの補強総額記録を更新したようだ。

 これまでの補強総額記録はクリスティアーノ・ロナウドやカカ、カリム・ベンゼマ、シャビ・アロンソといった選手を獲得した2009年夏の移籍市場で、2億5850万ユーロ(約316億5000万円)。6月の時点で約54億円以上を更新したことになる。

 昨シーズンは思うような成績を残すことができなかったマドリード。補強総額に来シーズンにかける本気度が表れている。