その他

今オフも来日選手多数?サッカー界の親日家12選

すでに今オフも、ローマ退団が決まっているダニエレ・デ・ロッシやナポリFWシモーネ・ベルディなど、観光で日本を訪れている選手がちらほら。これまでにも多くの選手たちが、日本を訪れている。 その中には日本を忘れられず、大好きになってしまう選手もいるようだ。 今回は、日本大好き親日サッカー選手11選をご紹介する。


アレッサンドロ・デル・ピエロ

国籍:イタリア

日本好きで有名なデル・ピエロ。2012年に行われた「東日本大震災復興支援Jスペシャルマッチ」に出場した。この時はデル・ピエロのサイドから出場を打診したとのこと。また、復興支援のためのオリジナルTシャツを制作してネット上などで販売。売上金約30万4000ドル(約2432万円)を日本赤十字社に寄付しており、慈善活動への情熱は非常に強い。


ダニエレ・デ・ロッシ

国籍:イタリア

毎年のように日本を訪れているデ・ロッシ。2017年の夏に妻のサラ・フェルバーバウムさんとバカンスで東京を訪れた際には「日本は僕が大好きな場所の1つ」と話している。ただ自身が両腕などに入れているタトゥーを心配し、「タトゥーについてあまり良いイメージを持たれていないことをつい最近知った。僕は歓迎してもらえるかな」と明かしている。


アルベルト・ザッケローニ

国籍:イタリア

2010年から2014年の日本代表の監督を務めたザッケローニ。監督就任前から日本にはいいイメージを持っていたようだが、実際に監督になってからは本格的な親日家となったらしく、2011年には「私は半分日本人だと思っている」と発言している。また来日してから「ワサビ」が大好物になり、居酒屋で飲むのも好きだったようだ。


リオネル・メッシ

国籍:アルゼンチン

クラブW杯などで度々日本を訪れるメッシ。メッシは日本について、「いつも非常に良い印象を、ほとんど全てのことに受けているよ」と言う。「前回僕らが訪れた時は、オフの日に外出して、普通の人たちのように、街を散策して楽しんだものさ。日本人は常に僕らを手厚く歓迎してくれる。情熱的なんだけど、同時に敬意も払ってくれるんだ。僕は本当に日本が好きだよ」とコメントしている。


クリスティアーノ・ロナウド

国籍:ポルトガル

PRなどで度々日本を訪れるC・ロナウド。2014年に日本に来た際インタビューに対し「日本はアジアでもベストの国。マンチェスターの時に試合で10日間ほど滞在したけど、とてもきれいな街で、人々も素晴らしく、ファンも熱狂的だった。好きな食べ物はスシだね。昨日も食べたんだ。アリガトウ」とコメントしている。


ドラガン・ストイコビッチ

国籍:セルビア

UEFAチャンピオンズリーグで優勝を経験するなど大活躍をし「ピクシー」の愛称でファンに親しまれたストイコビッチ。1994年から2001年には日本の『名古屋グランパスエイト』でプレーヤー、2008年から2013年には同チームで監督を務め、長い日本での生活の間に親日家になったらしく、大の和食好きとしても知られている。「鮎の塩焼き」「納豆」が特に好物とのこと。


Previous
ページ 1 / 2