プレミアリーグ レスター・シティ

レスター会長ヘリ墜落事故、原因は機体の故障だった…

墜落したヘリコプター 写真提供:Getty Images

 レスター・シティの会長だったビチャイ・スリバッダナプラバ氏が死去したヘリコプター墜落事故は機体の故障によるものだったようだ。英メディア『BBC』など複数メディアで報じられている。

 10月27日に本拠地・キングパワースタジアムで行われた第10節・ウェストハム・ユナイテッド戦後に発生したヘリコプター墜落事故でスリバッダナプラバ氏を含めた搭乗者5名全員が死亡した。

 この事件はイギリス航空事故調査局(AAIB)が調査を進めていた。そして先日、第一回目の調査結果が発表された。今回の報道によれば、ヘリコプターは離陸したあとで操縦士のペダルとテールローターをつなぐメカニズムが故障し、その結果として空中でのスピンを招いてしまった可能性が高いという。

 AAIBは今後もペダルが機能不全に陥った原因について調査を続ける予定とのこと。また、欧州航空安全機関(EASA)は同型のヘリコプターの検査を命じているとみられる。