セリエA ラツィオ

ラツィオMFミリンコビッチ「僕の役割は誤解されている」

セルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ 写真提供:Getty Images

 
 ラツィオのセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチが自身の役割が誤解されているとセルビアメディア『zurnal.rs』に語った。

 ミリンコビッチ=サビッチはラツィオで125試合に出場。24ゴール、20アシストとチームに欠かせない中心選手となった。昨シーズンも12ゴールと、チーロ・インモービレに次ぐゴール数を記録している。

 そんなミリンコビッチ=サビッチはインタビューで、自身の役割が誤解されているとして以下のように語った。

「ピッチ上での僕の役割は誤解されている。僕がラツィオでしばしばゴールを挙げているのは事実だ。だけど、ゴールを決めることが僕の真の仕事ではない。僕はいつも(シュート)チャンスを作ろうと試みている。だけど、それが僕の本当の役割じゃないんだよ」

「セルビア代表としてプレーする多くのチャンスを持っているわけじゃない。だから、すべての試合が僕にとって多くの意味を持つ。ベストを出せるようトライするよ」

 ゴールを奪うことが真の役割ではないと強調したミリンコビッチ=サビッチ。それでも、今シーズンもサポーターは彼のゴールに期待していることだろう。