Jリーグ

YBCルヴァンカップ・ノックアウトステージの組み合わせが決定

昨季のルヴァンカップ決勝は川崎フロンターレとセレッソ大阪の顔合わせだった 写真提供:Getty Images

 公益社団法人日本プロサッカーリーグは29日正午より、「2018・JリーグYBCルヴァンカップ ノックアウトステージの組み合わせを決定するオープンドロー(抽選会)」を開催した。

 今季のYBCルヴァンカップ・ノックアウトステージは、AFCチャンピオンズリーグに参戦権を手にしていた鹿島アントラーズ、柏レイソル、川崎フロンターレ、セレッソ大阪に加え、プレーオフを勝ち抜いた横浜F・マリノス、ヴァンフォーレ甲府、湘南ベルマーレ、ガンバ大阪の8クラブが頂点をかけて争うこととなる。

 公益社団法人日本プロサッカーリーグ副理事長の原博実氏と8クラブの代表選手1名(ただしヴァンフォーレ甲府はJ2リーグ開催日のため、クラブアンバサダーの石原克哉氏が出席)が出席する中で行われた抽選会では、セレッソ大阪対湘南ベルマーレ、柏レイソル対ヴァンフォーレ甲府、横浜F・マリノス対ガンバ大阪、川崎フロンターレ対鹿島アントラーズという組み合わせとなった。

 なお準々決勝は1stレグが9月5日(水)、2ndレグが9月9日(日)、準決勝は1stレグが10月10日(水)、2ndレグが10月14日(日)に行われる予定となっている。また決勝は10月27日(土)に埼玉スタジアム2002で開催される予定となっている。