Jリーグ ヴィッセル神戸

【TRIBE RATINGS】Jリーグ第18節 ヴィッセル神戸対柏レイソル:ヴィッセル神戸編

大会:J1リーグ
カード: ヴィッセル神戸対柏レイソル
対象チーム:ヴィッセル神戸
スコア:
担当者:菊池大将(@yukkenokonoko
※最高点を10、最低点を1として採点。標準的な活躍を6とする。
※出場時間が短い選手は採点なし。


キム・スンギュ

採点:6.5

決定的な大ピンチは左ポストに救われたが、問題となりそうな大きなミスもなくクリーンシートを達成。。クロスへもしっかり対応したし、クリアリングにもミスはなくフィードの精度も高かった。

三原雅俊

採点:6.0

回数こそ少なかったものの、右サイドで効果的にスプリング。増山が空けたスペースをしっかりと使った。クリスティアーノには苦しむ場面もあったが、無失点で抑えている。

大崎玲央

採点:6.0

高いビルドアップ能力で、高い位置でのプレーも苦にしなかった。ロングボールの精度も高く、チャンスにつなげた。

渡部博文

採点:7.0

中に絞った伊東に付ききれない場面もあったが、ミスはそれくらい。ロングボールも正確で、クロスへの対応も良かった。先制点の起点となったパスは見事。

ティーラトン・ブンタマン

採点:6.5

序盤こそ郷家のポジショニングにより存在感は薄かったが、修正を加えたことで存在感は増していった。少しづつ高い位置を取れるようになったことで小池と伊東を押し込み、ジョルディ・アルバようにイニエスタからボールを引き出した。

三田啓貴

採点:6.0

右サイドで三原や増山と良い関係性を保ちながら、狭いスペースでボールを裁いた。後半の中盤以降はスペースが空いてきたことで前を向けるように。守備への切り替えの早さも良かった。

藤田直之

採点:6.5

中盤の底からしっかりとゲームメイク。状況に応じてポジショニングを変えながら、周囲の選手をサポート。高い位置でもプレーの精度は落ちなかった。

アンドレス・イニエスタ

採点:6.5

随所でレベルの違いを見せた。特に守備時のポジショニングは流石。最終ラインのパスコースを制限しながら、細貝にもしっかりとマーク。パスも引き出して、狭いエリアでもプレー出来たが、決定的な仕事はできなかった。

増山朝陽

採点:7.0

粗さこそ目立ったが、積極的な仕掛けと裏を狙う動きに柏は手こずっただろう。三田、三原との右サイドでの関係性も良かった。後半にはしっかりと決勝点を決めきった。

ウェリントン

採点:6.0

前線で起点になったが、ゴールという仕事を果たすことはできなかった。ただ、前線からのディフェンスは効果的で、奪われてからのトランジションも早かった。

郷家友太

採点:6.5

前半はポジショニングの悪さから、右サイドに比べて左サイドで効果的な攻撃を生み出すことができなかった。ただ、ポジショニングの修正により徐々に活性化され、先制点にもそれは活きた。