ドイツ代表 ワールドカップ

独代表エジル、スウェーデン戦出番なしも劇的勝利で興奮冷めやらぬ様子に

ドイツ代表のメスト・エジル 写真提供:Getty Images

 アーセナルのドイツ代表MFメスト・エジルは日本時間24日未明に行われたワールドカップ・ロシア大会・グループステージ第2戦のスウェーデン戦で出番が無かったものの、チームの勝利を大いに喜んでいるようだ。24日、イギリスメディア『GIVEMESPORT』がこれを伝えている。

 エジルは今月上旬の行われた国際親善試合・オーストリア戦で先発出場を果たしたものの、76分に膝を痛め負傷交代をを余儀なくされていたこともあり、コンディションが万全でないとの見方が広まっていた。また日本時間17日深夜に行われたW杯初戦のメキシコ戦では先発出場したものの平凡なパフォーマンスに終わり、チームも0-1と黒星を喫していた。

 同選手はこのスウェーデン戦でボルシア・ドルトムントのMFマルコ・ロイスと入れ替わる形でベンチスタートとなり、最後まで出番は訪れなかった。

 しかしそれでもチームの劇的勝利に興奮気味だったエジルは「何という戦いだ! 我々はピッチ内でも外でも1つのチームだ。誰が何を言おうとそんなことは関係ない」と自身のSNSを通じてコメントを残しており、初戦で不甲斐ない戦いに終始したチームに対する批判を意に介さない姿勢を見せているようだ。

 なおドイツは日本時間27日晩にグループステージ突破をかけて韓国との一戦に臨む。果たしてこの一戦でエジルに出番は巡って来るのだろうか。