Other Editions

マルセイユ解雇の元仏代表エブラ、ジープを引っ張りながら現役続行宣言

元フランス代表DFパトリス・エブラ 写真提供:Getty Images

 マルセイユから解雇され、約7か月間の出場禁止処分を下された元フランス代表DFパトリス・エブラが13日、自身のSNSを更新。現役を続行する意思があることを改めて示した。

 エブラは2日に行われたヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第4節ビトーリア・ギマランス戦の試合前にサポーターと衝突。サポーターの1人にハイキックを食らわせ、キックオフ前に退場処分となっていた。これを受け欧州サッカー連盟(UEFA)からは2018年6月30日までのUEFA主催大会の出場停止処分を受け、マルセイユからは退団が発表されている。

 36歳という年齢で厳しい状況に置かれたエブラだが、自身のインスタグラムで現役を続行する意思を”ジープを引っ張りながら”表明した。

Patrice Evraさん(@patrice.evra)がシェアした投稿

「なんて日だ。みんなはわかっているだろう?今日は月曜日だ。素晴らしい月曜日だ。
人生ではときに打ちのめされる時もある。しかし、それでも常に笑顔を絶やさず、もちろんゲームを愛し続けなければならない。私は神に誓う。これまで以上に強くなって帰ってくる。常にポジティブに」

「怠けてはいけない。あなたが今何をしているのか知らない…だが、私は違う。私はより良い状態、前よりも良い状態になるために車を引っ張っている」

< あわせて読みたい >
欧州XIvs南米XI、どっちが強い?
最新日本人ランキング「FIFA18Ratings」を一挙紹介
Jリーグで最も高給取りな選手は誰?